のんびりやろう!情報処理試験! TOPメールマガジンWeb講座試験情報ラウンジその他
Contents

Web講座
ステップアップ講座

C言語講座

用語集
ステップアップ講座


NO.2 - log ってなに? -


 第2回目は,これも質問が多い「log」の話です。log とは正しくは対数(対数関数:logarithm)といいます。対数とは,次のような数です。


 この 2 を「底(てい)」と呼び,8 を「真数(しんすう)」といいます。この式は,「2(底)を y 乗すると 8(真数)になる数」という意味です。

 つまり,この場合は y=3 ということになります(23=2×2×2=8 ですよね)。もう1つぐらいやってみましょうか。


 これは,y=4 ですね。3 を 4 乗すると 81 になります(34=3×3×3×3=81)。

 このように表した数が対数です。なんとなくイメージがつかめたでしょうか?


 さて,最初の例で使った式を少し変形してみましょう。23=8 ということを考えると次のように変形できます。


 2 〜 3 行目の式変形に注目してください。2 行目で 2 の右上に付いていた 3 が 3 行目で log の前に移動してしまいました。これは対数の性質の1つです。対数では,真数の指数部分は log の前に移動できる性質があります。この性質を考えれば,上でやったのと同じように y=3 が求まります。

 まとめると

ということになります。この性質は重要なので,覚えておきましょう。

 他にも対数の性質はいくつかあります。以下に挙げておきますね。





 (底の変換公式)


 具体的な問題は,パート2(次回)でやりましょう(^^)






[▲TOP]

免責事項 - 広告掲載について - お問い合わせ

Copyright (c)1999 - 2006 shunzei. All rights reserved.